導入事例

2020.08.24
アルミ押出・ヒートシンクのトング比について
category :  アルミ押出材

アルミ押出(材質:A6063)のヒートシンクには、

製造できないものがあります。

 

たとえば、フィンの背が高い、フィンの間隔が狭い、

肉厚が薄いなどがあります

一般的にトング比8を超えると製造が難しくなります。

 

図参照

無題

 

 

アルミ押出時には、金型に向けてアルミの材料

(ビレット)を後ろから高圧プレスで押しあてていきます。

 

押出時の圧力はプレス機によって異なりますが1,500トン 

~2,000トンの、圧力が押出用金型にかかります。

(国内最大のプレス機は、9,500トン)

 

薄肉のヒートシンクを製作する場合には、

注射針とホースの中を流れる水をイメージして

頂けるとわかりやすいと思いますが、

当然、口径の大きいほうが流れやすくなります。

 

そのため、薄肉、フィン間隔が狭い物だと、

金型が圧力に耐え切れず金型が壊れてしまい、

製造が不可となります。

 しかし、トング比が8を超える物でも、

押出時のスピードを変更し、通常より低速で押出する

若しくは、材料の流れやすい金型を製作するなど

工夫する事により、製作を可能と出来ます。

様々なノウハウが有りまので、

難しい形状の物でも、お気軽にご相談下さい。

 

※お問い合わせは、下記よりお願いします。

 

 

CONTACTお問い合わせ

お探しの製品が見つからない方・ご要望がある方は、お気軽にお問い合わせください。
弊社スタッフがお伺いした上で、ご提案を致します。

03-3831-4186(代表)

受付時間:平日9:00~17:30
(土・日・祝日はお休み)

※時間外は、お問い合わせフォームをご利用ください。

お問い合わせ・ご注文はこちら