導入事例

2020.09.16
アルミ押出材・ヒートシンクについて
category :  アルミ押出材

ヒートシンクとは金属の高い熱伝導性を利用して

放熱、排熱を行う部品のことです。

熱源に接触する形で設置すると、熱を奪って放熱する形で熱源を

自然冷却することができます。

 

一枚板の物から、アルミ押出し、ダイキャスト、鋳物で製造した

様々な物があります。

 

製品事例↓

IMG_0264

アルミ押し出し製品

空気に触れる面積が広ければ広いほど放熱効率が向上するため

押出しによる製品は複数の突起や板が付いたような形になっている

ことが多い。

 

IMG_0274

鋳物

ヒートシンクの主な用途は電子機器、車のラジエター、

LED電球などに使われます。

 

IMG_0278

強制空冷タイプ

(冷却効果を高める為、ファン取付タイプ。)

 

ヒートシンクは原理や構造が単純であり、モーターでファンを

回転させて風を起こして排熱する空冷ファンタイプ

騒音を発せず、複雑な装置がないため信頼性が高い(故障しない)        

小型化が容易、といった利点があります。

 

※お問い合わせは、下記よりお願いします。

 

CONTACTお問い合わせ

お探しの製品が見つからない方・ご要望がある方は、お気軽にお問い合わせください。
弊社スタッフがお伺いした上で、ご提案を致します。

03-3831-4186(代表)

受付時間:平日9:00~17:30
(土・日・祝日はお休み)

※時間外は、お問い合わせフォームをご利用ください。

お問い合わせ・ご注文はこちら