導入事例

2020.09.29
アルミ押し出し材、金型技術料?
category :  アルミ押出材

みなさん、お元気でしょうか。

㈱富士商会(東京、上野)、アルミ営業部です。

 

今回、ご紹介するのは、

アルミ押出材、金型技術料のお話です。

ホロー形状

 

アルミ押出し材を製作するのに、必要な

アルミ押出金型には、大別して二種類

 

四角形や、丸形の中空形状を成形する為の、

ホロー型と、中空形状を有しない、ソリット型になります。

ソリット型

プレス金型を製作するときの、金型費用アルミ押出金型も、確かに金型を

製作する為の費用なのですが、アルミ押出の業界では、この金型費用を

アルミ金型技術料と呼称します。

ホロー型

そしてアルミ押出金型についての業界の基本的決まりは、下記となります。

 

①お客様に対して、ご提供する自社製品は自社の技術力を基に提供すのであって

製作する為に必要なアルミ押出金型を金型技術料(技術を提供する)とする。

 

②金型技術料である為、製品生産が終了した折も金型を、お客様へ譲渡は

出来ません。

金型破棄の要望には、対応いたします。

 

③アルミ押出金型は押出成形2年経過後、2回目の押出予定が無い場合

協議の上、金型を破棄処分とします。

 

一見分かり難いかもしれませんが、アルミ押出材の業界では、

アルミ押出金型費用を、アルミ押出金型技術料と呼び、各メーカーさんの

技術力を提供するものそして、金型の譲渡は不可としております。

最終押出成形後、2年経過すると、金型は基本的に破棄対象とされますので、

ご注意ください。

 

特に、注意して頂きたいのが2年経過です。この2年は基本的な考えで、

メーカーさんによっては、これより長く保管してくれる場合もあります。

又、2年経過後の破棄する場合の連絡の有無は、メーカーさんや、商社さんによっては

連絡も無く、使用したい時には既に無かった

とゆう、話もよく聞きますので

ご注意下さい。

 

ちなみに、弊社は必ず、ご連絡いたしますので

ご安心下さい。

 

※お問い合わせは、下記よりお願いします。

CONTACTお問い合わせ

お探しの製品が見つからない方・ご要望がある方は、お気軽にお問い合わせください。
弊社スタッフがお伺いした上で、ご提案を致します。

03-3831-4186(代表)

受付時間:平日9:00~17:30
(土・日・祝日はお休み)

※時間外は、お問い合わせフォームをご利用ください。

お問い合わせ・ご注文はこちら