導入事例

2020.07.14
アルミ板(圧延品)
category :  アルミ板材

アルミ板(圧延品)

アルミ圧延品とは、スラブと呼ばれる直方体形状の鋳塊をロールの間を往復させ指定の板厚にして出来上がった板を言います。

 

<製造工程>
地金→溶解→スラブ→面削→加熱→熱間圧延→冷間圧延→矯正→切断

 スラブ

スラブ

厚み:約200㎜~500

重量:2トン~25トン

<圧延品の主な用途>
飲料用缶(ビール・日本酒・ジュース等)
食料関連(ガムやチョコレートの包み・ヨーグルトの蓋・バターの包み・インスタント食品の蓋・お茶漬けやふりかけの入れ物等)
日用品(アルミホイル・スプーン・フォーク・弁当箱・鍋・お椀・お皿・お盆・灰皿
ガスコンロ・アタッシュケース等)
輸送機器関連(自動車ボディー・ナンバープレート・トラック架装・トラックステップ・電車車体等)
精密機械(カメラ・携帯電話の筐体等)

以上が目に見える所で使用されている圧延品の一部になります。

そして建築関連(パネル・サッシ・ドア・門扉・面格子・天井材等)でも多くの圧延品が使用されており、弊社の岩槻センターでも板厚0.8ミリ~3.0ミリまでの在庫をしています。

 

<岩槻センター在庫明細>

在庫表

是非、お問い合わせください。よろしくお願いします。

※お問い合わせは、下記よりお願いします。

CONTACTお問い合わせ

お探しの製品が見つからない方・ご要望がある方は、お気軽にお問い合わせください。
弊社スタッフがお伺いした上で、ご提案を致します。

03-3831-4186(代表)

受付時間:平日9:00~17:30
(土・日・祝日はお休み)

※時間外は、お問い合わせフォームをご利用ください。

お問い合わせ・ご注文はこちら